2012年9月30日

今週のゲスト

市川 茂樹さん/
市川燻製屋本舗 代表取締役
市川茂樹さんの写真

岩見沢市出身。56歳。
両親は昭和30年、40年代、「黒ダイヤ景気」に沸く岩見沢市の中央市場で、塩干物を販売する「市川食料品店」を開業。手伝いをしながら両親が商売をする姿を見て育ってきた。
大学卒業後は、大手のスモークサーモンの会社に就職。25年間営業マンとして全国を飛び回るが、時代の流れとともに大量生産をめざす会社の方針に違和感を感じ退職。自分が本当にやりたいことを考え、2005年両親の閉めた店を改装し「市川燻製屋本舗」オープンした。

番組を聴く

▲UP

2012年9月23日

今週のゲスト

金浜 衣妃子さん/
言語聴覚士・NPO法人失語症サロン
「E-time(いーたいむ)」代表
金浜衣妃子さんの写真

美唄市出身。
地元の高校を卒業後、観光バスのガイドとして10年間勤務したのち、言語聴覚士の勉強をするため札幌の医療科学専門学校に入学し、3年後の1996年に卒業。卒業当時は言語聴覚士の認知度が低く求人も少なかったため、介護助手やデイケアのレクリエーションワーカーとして働く。1999年、国家資格が認められ言語聴覚士として仕事を開始。
2009年、失語症サロン「E-time(いーたいむ)」を設立。言語レッスンを行うほか、交流会や家族のための講座を開くなどの活動を続けている。

番組を聴く

▲UP

2012年9月16日

今週のゲスト

篠田 静男さん/
篠田興業 代表取締役
篠田静男さんの写真

標津町出身、59歳。
小さい頃からエジソンに憧れ科学や発明などに興味を持つ。大学の土木科を卒業後は父親の設立した「篠田興業」に入社。兄とともに会社経営に携わるがバブル崩壊を機に会社を離れコンビニ経営に乗り出す。その後兄の病気のため再び社長として会社に復帰。
2004年 標津に「知床旅情」が流れる「メロディーロード」を開発・施工。「メロディーロード」は話題を呼び、今では国内ばかりでなく海外からも注目される。

番組を聴く

▲UP

2012年9月9日

今週のゲスト

二神 敏郎さん/
お好み焼き「風月」代表取締役
二神敏郎さんの写真

大阪生まれ、68歳。
父は卸問屋、母の実家は薬問屋と裕福な家庭に生まれるが、第2次世界大戦を境に一転。大阪大空襲により家も家財道具もすべて失い貧しい生活を余儀なくされる。中学卒業後は、化粧品会社に勤めながら高校の夜間部に通い、19歳のとき自衛隊に入り北海道へ。それから4年後1967年の冬、北海道ではあまりポピュラーではない「お好み焼き屋」を開店。
5~6人座ればいっぱいの小さな店だった「風月」1号店。オープンから45年が経ち地元の人に愛され続けてきた「風月」は、現在20店舗を構える企業に成長した。

番組を聴く

▲UP

2012年9月2日

今週のゲスト

道山 マミさん/
合同会社「大地のりんご」代表、
「T-1グランプリ」法人の部 優勝者
道山マミさんの写真

千葉県出身、42歳。
自然がいっぱいで農業が盛んな町に育ち中学生の頃から、「農大に進んで、専門的な勉強をする」と決め、網走にある東京農大・生物産業学部に進学。卒業後は百貨店の食品科に務め、結婚・出産。「農業とつながる仕事がしたい」という夢をあきらめかけていた時、大学時代の恩師から「大学発のベンチャー企業を株式会社にするから、手伝ってくれないか」と声がかかり 一念発起。夫を埼玉に残し、子供2人を連れて網走に移住。
2011年4月、合同会社「大地のりんご」を設立。
漬物の日本一を決める2011年度「T-1グランプリ」で、「ガツンと辛い山わさび粕漬け」が グランプリを受賞した。

番組を聴く

HBC TOPRadio TOP▲UP