2012年12月30日

今週のゲスト

大西 重成さん/
イラストレーター、造形作家、
シゲチャンランド管理人
大西重成さんの写真

津別町出身、66歳。
父親が郵便局員だったこともあり、高校卒業後 横浜の郵便局へ就職。しかし3カ月で退職し、デザインの道へ進む。
小樽・札幌・東京のデザイン会社に務めた後、1971年に渡米。NYで本格的にイラストの勉強をはじめ、1年半後に帰国。その後東京を拠点に数多くのイラストレーションの作品を発表。
1996年「シゲチャンランド」開設のため、活動拠点を津別町に移し、2001年「シゲチャンランド」をオープンさせた。

番組を聴く

▲UP

2012年12月23日

今週のゲスト

尾高 忠明さん/
指揮者、札幌交響楽団 音楽監督、
東京芸術大学音楽学部指揮科 教授
尾高忠明さんの写真

神奈川県鎌倉市生まれ、65歳。
作曲家で指揮者の父とピアニストの母、兄も作曲家という音楽一家の次男として育つ。
桐朋学園大学を卒業後、1971年にNHK交響楽団を指揮してデビュー。翌年にはウィーンに留学し、26歳で東京フィルハーモニー交響楽団の常任指揮者に就任。
1981年には札幌交響楽団正指揮者に就任、2004年には札幌交響楽団の音楽監督に就任した。
国内外の名だたるオーケストラで、指揮者、音楽監督として活躍し、近年では日本のオペラ界をリードする存在として注目を集めている。

番組を聴く

▲UP

2012年12月16日

今週のゲスト

伊藤 広樹さん/
寿昆布の北海食品代表
伊藤広樹さんの写真

青森県三厩村(現 外ケ浜町)出身、伊達市在住、53歳。
大学卒業後仙台でのサラリーマン生活を経て、26歳の時地元にある父親の会社に入社。しかし半年後会社が倒産。借金返済のため、地元の特産である昆布の販売と食品加工の会社を立ち上げ、試行錯誤の後「文字昆布」を製作。しかし売れ行きは伸びず、1989年「文字昆布」を父に託し、妻の実家のある伊達市に移住。
2008年に「寿昆布の北海食品」を設立した。

番組を聴く

▲UP

2012年12月9日

今週のゲスト

川渕 幸江さん/
錦水流水引 三代目宗家真禮齋松玉園
川渕幸江さんの写真

室蘭市出身、札幌在住、56歳。
歯科衛生士などいくつかの仕事を経て、1988年錦水流水引師範免許を取得。その後1997年に札幌の福住に教室を開き、2000年家元を取得。2009年には三代目宗家真禮齋松玉園を襲名。
祖父がおこした北海道で唯一の「錦水流水引」を作品や教室で広めながら、日本の良さを伝えている。

番組を聴く

▲UP

2012年12月2日

今週のゲスト

黒田 晃弘さん/
人仏画家
黒田晃弘さんの写真

札幌市出身、42歳。
ゴッホの伝記がきっかけで21歳から本格的に絵を描き始め、札幌の画家の元で油彩を学び、29歳の時に抽象画を描き始める。
10年ほど前、同じアトリエをシェアしていた闘病中の仲間のために描いた似顔絵がきっかけとなり「似顔絵アーティスト」としての活動をスタート。 出会う人の「顔」を木炭で描く黒田さんの似顔絵描きは、「似顔絵」を通して様々な人間の生き様を描き出している。
「似顔絵アーティスト」として10年立った今年「似顔絵」から「人仏画」に改名し活動し続けている。

番組を聴く

HBC TOPRadio TOP▲UP