2013年9月29日

今週のゲスト

竹田 勇さん/
「合同会社もえれ製作所」代表社員
(犬用車椅子企画・営業担当)
竹田勇さんの写真

札幌市出身、41歳。
3年前愛犬のゴールデン・レトリバー「ロボ」が加齢で歩けなくなり、車椅子を自分で作ろうと決意。何の知識もなく困り果てていたところ、知り合いの川島将さんの紹介で、同じ悩みから車椅子作りにチャレンジしていた高木浩行さんと出会う。早速車椅子を注文するが、完成を待たずに「ロボ」が死去。このことがきっかけとなり、自分たちのように困っている飼い主のため犬用車椅子を製作する「合同会社もえれ製作所」を設立。より安価で良質な犬用車椅子を世界中に広めるために奮闘している。

番組を聴く

▲UP

2013年9月22日

今週のゲスト

田北 百樹子さん/
「シュガー社員が会社を溶かす」著者
社会保険労務士
「田北社会保険労務士事務所」所長
田北百樹子さんの写真

札幌市出身、50歳。
高校卒業後、外資系の化粧品会社に務めるが結婚・出産のため4年後に退社。その後離婚を経験し、事務職をしながらシングルマザーとして子育て。32歳の時、社会保険労務士の資格を取得し、1996年に「田北社会保険労務士事務所」を開業。2007年には「シュガー社員が会社を溶かす」を出版した。その後も社会保険労務士として企業の人事労務を幅広くサポートしながら、執筆活動や講演会でも活躍している。

番組を聴く

▲UP

2013年9月15日

今週のゲスト

鹿内 幸四朗さん/
一般社団法人 相続手続支援センター札幌 常務理事
主任相談員
鹿内幸四朗さんの写真

蘭越町出身、札幌市在住43歳。
高校卒業後、岩内町の「中野会計事務所」に就職。32歳で事務所の札幌進出を任されるが、税理士と2人、見知らぬ土地で顧客をつかむことができず事務所閉鎖の危機に直面。しかし“縁を結ぶ”という方法で、5年後にはスタッフが20人に増え、売り上げも13億に達し“奇跡の会計事務所”と呼ばれるようになる。そして平成20年、事務所内に「相続手続き支援センター」を設立。相続手続き、遺言書作成をサポートする中で、障がいのある子どもを持つ親が、残された子が困らないようにと書き記す「親心の記録」と出会い、その札幌版の作成に取り組むこととなった。

番組を聴く

▲UP

2013年9月8日

今週のゲスト

黄川田 賢司さん/
「一般社団法人スポーツボイス」代表理事
元コンサドーレ札幌選手
黄川田賢司さんの写真

埼玉県出身。38歳。
1997年亜細亜大学からFWとして「コンサドーレ札幌」へ入団。2000年リーグ30試合に出場し5得点を挙げ、J1昇格にも貢献。高い身体能力を生かしチームの中心選手として活躍した。
2002年には「川崎フロンターレ」へ移籍し、2004年現役を引退。
引退後一時サッカーを離れ、音楽イベントプロデューサーとして企画・制作に携わったのち、2011年「一般社団法人スポーツボイス」を設立。
現在は、サッカー指導を中心に、子供たちの教育やスポーツ文化の育成普及に取り組んでいる。

番組を聴く

▲UP

2013年9月1日

今週のゲスト

山田 航さん/
歌人
山田航さんの写真

札幌市出身。30歳。
中学2年の時に教科書に載っていた寺山修司の短歌に魅かれ、立命館大学法学部在学中、札幌出身の歌人穂村弘さんの作品に出会い短歌の世界へと引き込まれる。
卒業後、金沢の新聞社に就職したものの体調を崩し1年で退職。札幌に戻り、2008年 歌人が集まる全国組織「かばん」に入会。翌年、現代短歌評論賞と角川短歌賞を相次いで受賞し、去年第一歌集『さよならバグ・チルドレン』を出版。第57回現代歌人協会賞を受賞した。

番組を聴く

HBC TOPRadio TOP▲UP