2015年3月29日

今週のゲスト

中村 雄大さん/
照明師、enya Nakamuraya代表
中村雄大さんの写真

函館市出身。45歳。
高校卒業後、東京の大手食品加工会社に就職。2年間営業職として勤めるが「何か自分の技を身につけたい」と考え、専門学校に入学し照明デザインを学ぶ。その後、日本の照明デザインの第一人者、藤本晴美さん率いる「MGS照明設計事務所」に入社し、照明のプロとして活躍。2013年5月母親の病気をきっかけに函館に戻り、2014年11月 函館で「enya Nakamuraya」を立ち上げた。

番組を聴く

▲UP

2015年3月22日

今週のゲスト

谷 あゆみさん/
「ばんえい十勝」初の女性調教師
谷あゆみさんの写真

奈良県出身、帯広市在住。48歳。
子供の頃からの馬好きが高じ、帯広畜産大学に進学。卒業後は日高管内浦河町の「谷川牧場」に勤務し、引退後の名馬シンザンの世話も担当。ハヤカゼオーザのレースで「ばんえい」と出会い、馬たちの力強さ、その面白さに魅かれ、1993年 「ばんえい十勝」の厩務員となる。その後「ばんえい競馬」そのものが存続の危機に立たされる中、2005年ばんえい競馬の史上初の女性調教師として注目され、自らが広告塔となり存続アピールに力を注ぐ。翌年には厩舎を開業し、そして2012年には結婚、出産を経験。全国初のお母さん調教師として日々奮闘している。

番組を聴く

▲UP

2015年3月15日

今週のゲスト

福津 京子さん/
動画サイト「札幌人図鑑」インタビュアー
福津京子さんの写真

札幌市出身。50歳。
高校を卒業後、ファッションブティックの社員として販売に従事。その後結婚し24歳で出産。1997年からは、地元のコミュニティFMのDJとして活躍し、放送局長も務めるが2012年3月に退職。その2カ月後、インターネットで“毎日配信の漢方型メディア「札幌人図鑑」”をスタート。インタビュー、取材・撮影・編集・配信まで全てひとりで行い、札幌の魅力ある人々を毎日配信し続けている。

札幌人図鑑はコチラ
http://sapporojinzukan.sapolog.com/

番組を聴く

▲UP

2015年3月8日

今週のゲスト

土田 英順さん/
チェロ奏者
土田英順さんの写真

東京都出身、札幌市在住。78歳。
1974年に札幌交響楽団に入団し首席演奏者を歴任。日本フィルハーモニー交響楽団、ボストン交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団など、日米のオーケストラで活動を続け1997年からソリストとして札幌を拠点に活躍。
2011年の東日本大震災以降は、道内を中心としたチャリティコンサートや被災地に向けての支援活動に力を入れ、今では被災地以外の本州各地にも足を運び演奏活動を続けている。2012年12月には「東日本大震災支援じいたん子ども基金」を設立。被災地の教育現場に楽器を贈る活動を支援し毎月自身のブログで収支を全て公開している。

過去ゲストで来ていただいた方の中から、もう一度会ってお話を伺いたい方にインタビューを行う「その後の元気びと」第2回目。前回は2011年6月に出演いただいた。

番組を聴く

▲UP

2015年3月1日

今週のゲスト

吉崎 文浩さん/
災害支援ボランティア・コーディネーター
NPO法人ねおす正会員
吉崎文浩さんの写真

樺太出身、札幌市在住。70歳。
公務員として勤めながら友人と二人、親子で自然の中での生活を体験してもらう「函館山少年レンジャー」を立ち上げるなど社会活動を行なってきた吉崎さんがボランティアを始めたきっかけは1995年の阪神淡路大震災。知識もなく現地に入り、何もできない喪失感に襲われる。そして2011年、テレビに映し出された「東日本大震災」の映像に当時の思いを重ね合わせ、いてもたってもいられなくなり自らの車に物資を積み込みで被災地に入る。そこで国内外から集まった多くのボランティアの指導にあたった。
被災者やボランティア仲間から「もんじぃ」の愛称で親しまれ、「ふくしまキッズ」などで精力的なボランティア活動を続けてる。

番組を聴く

HBC TOPRadio TOP▲UP