2015年9月27日

今週のゲスト

白岩 大佑さん/
急須職人
白岩大佑さんの写真

松前町出身、函館市在住。30歳。
子どもの頃から絵を描くことやモノを作るのが好きで、北海道教育大学函館校芸術文化課程美術コースに進学。恩師にみせてもらった、愛知県常滑市無形文化財保持者 小西洋平さんの急須に感動し、自ら年間1000個の急須を作るという目標を立てる。そして、小西さんのもとを訪れ弟子入りを志願。5年近く作品をもって通い続け、25歳の時にようやく弟子入りを認められる。その後は東日本伝統工芸展など数々の工芸展で入選。2013年には函館山の麓に自宅を改装し、薪窯の鞍掛窯を開設した。

番組を聴く

▲UP

2015年9月20日

今週のゲスト

田村 修二さん/
「ばんけい峠のワイナリー」オーナー
樽人(たるんど)
田村修二さんの写真

東京都出身、札幌市在住。75歳。
旧通産省・現在の経済産業省に勤務し、在職中に各地で地場産品作りに携わり、札幌通産局に赴任。退職後北海道大学で2年間、客員教授を務めたのを機に、60歳で東京から札幌に移住する。そして2001年、札幌市盤渓に「ばんけい峠のワイナリー」をオープン。はじめは、滝川市江部乙町から仕入れたリンゴでシードルの仕込みから始め、その後仁木町や壮瞥町などで収穫したブドウでワインを醸造。そして2013年には自分の畑でとれたぶどうから札幌産の「峠の山ソービニオン」が誕生。一方、ワイナリーでは収穫祭やワイン用ぶどうの栽培講習会、ワイン文化講座などを開催し、地域のワインの育成と新たなワイン文化の発信を続けている。

番組を聴く

▲UP

2015年9月13日

今週のゲスト

助乗 慎一さん/
「どさんこ青少年オーケストラ協会」代表
指揮、ホルン奏者
助乗慎一さんの写真

旭川市出身。36歳。
中学生の時、吹奏楽部に入部しホルンを担当。その楽しさにのめり込み、北海道教育大学旭川校の大学院に進み中学の音楽教諭となる。道内各地の小中学校で子どもたちに音楽を教える一方で、『北海道農民管弦楽団』にも関わりを持ち、その活動から群馬県の「NPO日本少年少女オーケストラ協会」の南 紳一さんと出会う。そこで『北海道はジュニアオーケストラが少ないので作ったら?』と声をかけられ、2013年4月「どさんこ青少年オーケストラ協会」を設立。江別、岩見沢でジュニアオーケストラを立ち上げ、“すべてのまちにジュニアオーケストラをつくりたい”という夢を抱き活動を続けている。

番組を聴く

▲UP

2015年9月6日

今週のゲスト

黒田 弘章さん/
しょさんべつ天文台 技師長
黒田弘章さんの写真

名寄市出身。59歳。
幼いころから野生の動物と星が好きで、名寄高校 建築科在学中に手作りの天体望遠鏡を作製。卒業後、建築関係の会社に入社してからも、仕事の合間をぬって自宅横に望遠鏡をおさめるドームを作る。そして平成元年、初山別村がまちおこしのためにと天文台を作ることになり、そこの職員として働き始める。以来27年間、口径65センチの大型反射式望遠鏡を備える「しょさんべつ天文台」の技師として日々空を観察し、訪れる人たちに星の魅力を伝えている。

番組を聴く

HBC TOPRadio TOP▲UP