2016年2月28日

今週のゲスト

垣實 敬介さん
アロイ札幌 代表シェフ
(株式会社北海道ケータリングサービス)
垣實敬介さんの写真

札幌市出身。38歳。
16歳の時に寿司屋でアルバイトをしたことをきっかけで、食で人を喜ばせる仕事に興味を抱く。札幌大学経営学部卒業後は東京の大手新聞社に就職するが、不規則な生活で体調を崩し1年で退職。東京での暮らしで改めて食の大切さに気づき、札幌にUターン後、調理師免許を取得。ホテル・レストラン、和食割烹、寿司屋、イタリア料理店などで経験を積み、2004年 一般家庭や企業などへ出向きケータリングを行う「アロイ札幌 株式会社北海道ケータリングサービス」を設立。出張料理をはじめ、商品開発や料理教室、各種講演会など、「食」に関わる幅広い活動を続けている。
インタビュー後記

番組を聴く

▲UP

2016年2月21日

今週のゲスト

白石 典子さん
スキン・カモフラージュ・サービス 代表
東札幌病院 ボランティアコーディネーター
白石典子さんの写真

浦河町出身。60歳。
2001年デイサービスの手伝いで、お年寄りにメイクや、ハンドマッサージのボランティアをはじめる。そして、そこで出会った人々の悩みを聞くうちに、メイクで傷跡や火傷の痕をカバーすることに関心を寄せていく。技術を学ぶ方法を探す中で、イギリスの「スキンカモフラージュ」という取組を知ると翌年、単身イギリスへ。日本人として初めてその技術を学び資格を取得し帰国後、自ら「スキン・カモフラージュ・サービス」を設立した。
現在は、東札幌病院のボランティアコーディネーターとして働きながら、スキンカモフラージュの活動を行っている。
インタビュー後記

番組を聴く

▲UP

2016年2月14日

今週のゲスト

竹田 雄基さん
札幌リュージュ連盟常任理事
「札幌市藤野リュージュ競技場」
リュージュコースづくり職人
竹田雄基さんの写真

札幌市出身。44歳。
子供の頃は運動嫌いだったが母親のすすめで小学校3年生の時に南区藤野のリュージュ少年団に入る。同じクラスの友達や同級生がいたこともあり遊び感覚で通ううちに、次第にその楽しさに夢中になり大会での成績を上げる。高校3年には、アルベールビル・オリンピックの強化指定選手に選ばれるが、就職に力を入れるために引退。札幌の企業に就職し競技とは距離を置く。その後会社をやめ、先輩の紹介で札幌市南区藤野のフッズスノーエリアにある、札幌市藤野リュージュ競技場で2003年から競技運営とコースづくりの手伝いをはじめ、今シーズンもコース整備に力を入れている。
インタビュー後記

番組を聴く

▲UP

2016年2月7日

今週のゲスト

山田 康博さん
芸名=スペンサートリックス/

マジック・コンシェルジュ
山田康博さんの写真

札幌生まれ北見育ち。35歳。
小学1年の時にデパートのおもちゃ売り場で見たマジックグッズの実演に魅了され、7歳でマジックを始める。おこずかいを貯めてはグッズを買いマジックに夢中になる。学生時代は人を楽しませることも大好きだったため、学園祭の実行委員としても活躍。静岡の大学を卒業後、地元の北見信用金庫に就職し、12年勤めたのち夢を実現しようと2015年3月に退職。札幌に移り住みマジックのプロとしての活動をスタートさせた。
インタビュー後記

番組を聴く

HBC TOPRadio TOP▲UP