2016年4月24日

今週のゲスト

安田 香織さん
「にじ色こども食堂」代表
安田香織さんの写真

札幌市出身。45歳。
札幌静修短期大学(現・札幌国際大学)の英語学科を卒業し、20代半ばまではアパレル業界に勤務。その後15年程前から路上生活者の支援活動に始まり、障がいを抱える方たちの生活介護事業所や、高齢者のデイサービスなどでヨガを通じたボランティア活動を長年続ける。そして、ある児童養護施設の子どもとの出会いから、いまの子どもたちをとりまく様々な問題に思いを馳せるようにり、2015年12月に豊平区月寒東で仲間とともに「にじ色こども食堂」を設立した。
インタビュー後記

番組を聴く

▲UP

2016年4月17日

今週のゲスト

日原 和夫さん
メロン農家「有限会社 北海道日原」代表取締役
日原和夫さんの写真

東京都出身、栗山町在住。78歳。
昭和20年7月、小学2年生の時に戦火の東京を逃れ一家で栗山町に渡る。終戦後、父親は未開の原野山林を開墾して酪農を始め、日原さん自身も後に隣町由仁町の農業定時制高校に通い農業を学ぶ。やがて酪農から野菜づくりへと転換し、日原さん自身がメロン栽培に特化しようと思い定めたのが1971年のこと。周りは米が中心だった時代、一途にメロン作りに力を注ぎ、自ら販売先を探して本州にも出向くなど苦労の日々を送る。やがて周りの人の手助けもあり、「日原メロン」は北海道のブランドメロンとして知る人ぞ知る存在になっていく。
インタビュー後記

番組を聴く

▲UP

2016年4月10日

今週のゲスト

長谷川 演さん
空間デザイナー
「アトリエテンマ」代表取締役
カフェ「椿サロン」オーナー
長谷川演さんの写真

青森県弘前市出身、札幌在住。49歳。
書家の父親と呉服店につとめる母の元、文化的な環境で育つ。実家を建てた時の職人の仕事に衝撃を受け、ものづくりへの思いを強くし、地元の青森県立弘前高等学校卒業後、北海道デザイナー専門学院入学と同時に札幌へ移住。札幌市内のインテリア設計施工会社に就職するが、入社3年後に会社が倒産。それをきっかけに独立し、1990年デザイン事務所「アトリエテンマ」を立ち上げる。現在は、空間デザイナーとして、店舗設計、家具や照明等のものづくり、カフェ「椿サロン」のオーナー、そして「デザイン塾」を開き子どもから、プロ目指す人を対象に授業を行うなど、デザインを通して幅広い活動を続けている。
インタビュー後記

番組を聴く

▲UP

2016年4月3日

今週のゲスト

芳賀 博信さん
NPO法人「セカンドサポート」理事長
(元コンサドーレ札幌主将
現アドバイザリースタッフ)
芳賀博信さんの写真

宮城県仙台市出身、札幌市在住。33歳。
父親がサッカーの実業団チームに入っていた影響で、小学1年生からサッカー少年団に入り、仙台育英高校時代には国体や高校選手権に出場。プロとしてはジェフユナイテッド市原・千葉、そして2006年からはコンサドーレ札幌に所属。2007、08年にはキャプテンもつとめ、2012年 現役引退後はアドバイザリースタッフに就任。そして2014年4月スポーツ選手のセカンドキャリア支援を中心としたNPO法人「セカンドサポート」を設立。サッカー教室や野球教室の開催や北海道初のブラインドサッカーチームの運営に乗り出すなど、「スポーツで北海道を元気にする」活動を続けている。
インタビュー後記

番組を聴く

HBC TOPRadio TOP▲UP