2017年8月27日

今週のゲスト

橘 春香さん
イラストレーター・絵本作家
佐藤郁文さん

横浜市出身。
武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科を卒業後、絵本作家を養成するワークショップ「あとさき塾」で学び、東京で雑誌や広告を中心にフリーのイラストレーターとして活躍し、絵本も出版。東日本大震災をきっかけに2012年、札幌に移住。去年自身初の童話「銀杏堂」を偕成社から出版した。
インタビュー後記

▲UP

2017年8月20日

今週のゲスト

佐藤 郁文さん
「中国料理 布袋(ほてい)」代表
佐藤郁文さん

札幌市出身。
子どもの頃から、ホテルやレストランで腕をふるう料理人の父に憧れ、調理師の免許がとれる高校に入学。東京の中華料理店で10年ほど修業をした後札幌に戻り、父 勲さんが営む「中国料理 布袋」に入る。
2012年に2代目として経営を受け継ぐと、2年後には「赤れんがテラス」内に2号店を、2016年には中華の料理人と寿司職人の2人を料理長におく「福禄寿」を開くなど、あらたなチャレンジを続けている。
インタビュー後記

▲UP

2017年8月13日

今週のゲスト

三上 右近さん
絵本「ぼく生きたかったよ…
〜くまのおやこ ニコーとリコー〜」原案者
三上右近さん

北見市出身。
子どもの頃から科学館やプラネタリウムが好きで、東京での就職を機にミュージアム巡りを始める。
札幌に戻った後、2013年からは集めた記念スタンプなどを展示する企画展を開催、「ドクターコン」の愛称で知る人ぞ知る存在となる。
2015年には三上さん原案、画家の鈴木麻衣子さんの絵と文で、第2次世界大戦中に殺処分された動物園のクマの親子と飼育員の実話をもとに描いた絵本「ぼく生きたかったよ…〜くまのおやこ ニコーとリコー〜」を出版。会社勤めの傍ら戦時猛獣処分の調査を続け、講演活動も行っている。
インタビュー後記

▲UP

2017年8月6日

今週のゲスト

古川 奈央さん
「俊カフェ」店主 ・フリーライター
古川奈央さん

札幌市出身。
北海道札幌開成高校、埼玉大学卒業。雑誌編集、広告代理店、ブライダルショップの企画などを経て、フリーライターとして独立。子どもの頃から「ことばあそびうた」などの作品に触れ、詩人 谷川俊太郎の世界に引き込まれる。
様々な縁から本人とも交流をもち、2015年には札幌で本人公認の「とても個人的な谷川俊太郎展」を開催。“谷川さんの作品に触れられる常設の場を作りたい”と、クラウドファンディングで資金を募り、2017年5月 札幌市中央区に「俊カフェ」をオープンした。
インタビュー後記

HBC TOPRadio TOP▲UP