2017年12月31日

今週のゲスト

竹中 揚子さん
女子軟式野球チーム「札幌シェールズ」監督
「北海道女子軟式野球連盟」副理事長 兼 事務局長
竹中揚子さん

札幌市出身 43歳。
小学生のときにソフトボールをはじめ、中学時代には全国大会に出場。北海道当別高校ではインターハイでベスト8に、また国体にも出場した。
卒業後は当別町農協に就職し、職場のソフトボール部で活躍。廃部をきっかけに1997年、女子軟式野球チーム「札幌シェールズ」に入団。
2001年からは監督も務めチームを率いている。
インタビュー後記

▲UP

2017年12月24日

今週のゲスト

大澤 仁朗さん
「ジロー・工務店」代表
大澤仁朗さん

札幌市出身 30歳。
高校卒業後、国土交通省による国家プロジェクトの「大工育成塾」で3年間学び、岩見沢の「武部建設株式会社」に入社。大工として新築住宅の建設、古民家再生、大型木造建築物まで幅広い仕事を経験し、2017年4月に独立して江別市で「ジロー・工務店」を立ち上げる。
今年度の建設産業に従事する人を対象とした作文コンクールで“「私たちの主張」 - 未来を創造する建設業”という課題で書いた作文が最高賞である国土交通大臣賞に選ばれた。
インタビュー後記

▲UP

2017年12月17日

今週のゲスト

出合 祐太さん
「北海道ベースボールアカデミー」代表
「ブルキナファソ野球を応援する会」代表
「Boulangerie Lafi」経営
出合祐太さん

富良野市出身 34歳。
2007年、25歳の時にブルキナファソにJICAの隊員として派遣され、日本人で初めて野球指導を行う。
その経験をもとに、翌年「ブルキナファソ野球を応援する会」を設立し、帰国後も仲間たちとともに支援を継続。
2017年4月にはプロ野球選手の育成を目指す「北海道ベースボールアカデミー」を開校した。
インタビュー後記

▲UP

2017年12月10日

今週のゲスト

浅田 達矢さん
ばんえい競馬 元騎手
ばんえい競馬のスタッフとして
北海道有線放送株式会社に勤務
浅田達矢さん

奈良県出身。
医大の受験に失敗し、自転車で北海道を旅していた際に、川湯温泉の「ばん場牧場」でアルバイトを始める。
その仕事をきっかけにばんえい競馬の騎手になる事を決意し、2005年27歳でデビュー。2014年には最高峰のレース「ばんえい記念」を制するなど、現役通算364勝をあげ、2017年3月に引退。
4月からはばんえい競馬のレース業務などを請け負う「北海道有線放送株式会社」に入社し、スタッフとしてばんえい競馬の運営に携わっている。
インタビュー後記

▲UP

2017年12月3日

今週のゲスト

熊田 架凜さん
「銘酒の裕多加」取締役常務
熊田架凜さん

アメリカ・カリフォルニア州ナパ市出身。
「カリフォルニア大学デービス校」で機械工学を学ぶ。
在学中の2006年5月から約3ヶ月、パックパッカーとして日本を訪れ、その旅の途中、100年以上続く札幌の日本酒専門店「銘酒の裕多加」の長女 熊田理恵さんと出会い日本酒のおいしさを知る。
2009年の結婚を機に熊田家に入り「銘酒の裕多加」五代目を継ぐため奮闘中。
インタビュー後記

HBC TOPRadio TOP▲UP