人生90年代!健康や趣味・仲間などプラチナ世代にとって、身近な話題から今流行りの映画や音楽まで、聴いて・見て感動するものを、パーソナリティ松永俊之目線でお届けします!

8月19日オンエアリスト

・M01 トップ・オブ・ザ・ワールド/カーペンターズ
・M02 ドレミの歌/ペギー葉山
・M03 八月の濡れた砂/石川セリ
・M04 エーデルワイス/101ストリングス
・M05 イエスタディ/アンディ・ウィリアムス

今週は劇団四季で広報担当の松永紗希さんに現在、札幌で公演中のミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台裏のエピソードや先月、亡くなられた創設者、浅利慶太さんの思い出などをお聞きしました。

松永紗希さんは「北海道のお客様は実にあたたかいです。カーテンコールの際、皆さんが立ち上がってのスタンディング・オベーションを何度も何度もしてくださいます。他の地区では、みられません」と。また7人の子供たちの素晴らしい歌声のミュージカル・・・、それが「サウンド・オブ・ミュージック」の大きな魅力の一つですが、悪女役を除いて6人が北海道でのオーディションに合格した子供たちです。「360人の応募があって20人の子供たちが選ばれましたが、札幌は非常にレベルが高く、そのレベルは東京と同じです」と教えてくれました。

ところで松永紗希さんは、劇団四季のマネージメント(広報や営業)を担当して10年経ちますが、入社当時を振り返り、浅利慶太さんは「舞台に厳しい方でしたが、普段は優しいおじいちゃんというのが思い出です」と話してくれました。なお、「サウンド・オブ・ミュージック」の札幌公演は10月28日までとなっています。

オンエアリストのバックナンバーはこちらから

番組へのメッセージ

はがき

〒060-8501 HBCラジオ「松永俊之ミュージック・コレクション」係

FAX

011-232-1287

メール

mc@hbc.co.jp

松永俊之 プロフィール

松永俊之写真

出身:埼玉県・国学院大学

誕生日・血液型:12月30日生まれ B型

趣味:旅、落語、オカリナ

人の名前を覚えることも、忘れることも得意分野。今では「奥様のアイドル」でも昔はスポーツ実況だってやっていたんです。そのころは、カタカナだって苦手ではなかったんですから…。